Cloud

山形さん

行政職員向けICT体験型セミナー「北海道森町役場山形さんが語る”GIGAの足りない僕たち”」 申し込みについて

セミナー内容 日時:2021年3月11日(木) 19:00-20:00 (20時からはCode for Japan代表の関さんがお喋りする番組を観ましょう。)  対象: 山形さんやGIGAスクールの課題に興味のある方 セミナー概要:2021年3月1日に研究員としてCode for Japanにジョインした(現役公務員の)山形さんに、ちょっとだけ話を聞く会です。GIGAスクールの話なんかも聞ける機会ですので、自治体の情報システム部門、教育委員会スタッフ、教員の方々にもご参加いただけると嬉しい限りです。 プロフィール:山形 巧哉 氏自治体デジタルストラテジストを自称。内閣官房オープンデータ伝道師・総務省地域情報化アドバイザー・Code for Japan。 地元高校を卒業後、森町役場へ一般職採用。異動によりICT担当となり、実務で自治業務の電子化に関することを学ぶ。近年は、この培ったICTに関する知識が、生まれ育った街で役に立てばという思いから、森町を中心に活動するコミュニティ「ハウモリ」の運営や、地方版IoT推進ラボ「モリラボ」の事務局も務める。 セミナーのスケジュール(予定) 19:00 – 19:05 Code for Japanによる企画説明 19:05-19:25 山形さん自己紹介など 19:25-19:40 GIGAスクールのこと、ちょっとだけ話ます! 19:40-19:50 質問コーナー 19:50 – 20:00 クロージング 参加方法: セミナーの参加費は無料です。下記のボタンから申し込みフォームをご記入ください。参加希望者に後日ZoomのURLをお送り致します。Zoomで参加ができない方向けにYouTube Liveでの配信URLもご案内しますが、YouTube Liveでは講師への質問ができませんのでご了承ください。 [締め切りました] セミナー申し込みフォームはこちらから Zoomでの参加お申し込みが100人を超えた場合、抽選とさせていただきますのでよろしくお願い申し上げます。 上記の申し込みフォームはgoogle formを利用しています。フォームを開けない場合は、タイトルに「山形さん会参加申し込み」として所属、氏名を以下のメールアドレスまでお送りください。 sunagawa◆code4japan.org  (◆を@に変更してください) 参加にあたってはCode for JapanのプライバシーポリシーとCode of Conductをご確認ください。

アーカイブ第9回 行政職員向けICT体験型セミナー 「Google Cloud – Dialogflow で自動応答チャットボットを作成してみよう!」

Google Cloud AI サービスの一つである Dialogflow は自然言語解析をベースにしたコミュニケーションのためのプラットフォームです。ユーザーの様々な言い回しを AI が適切に判断し、応答するチャットボットを容易に作成することができ、Web アプリケーション、モバイルアプリケーション、音声応答システムなどとの統合が可能です。セミナーでは Google Cloud の全体像や機械学習・AI サービスの特長、公共機関による採用事例を解説します。ハンズオンでは Google Cloud の中でも Dialogflow にフォーカスし、実際に Dialogflow ベースの簡単なチャットボットを皆様に作成いただきます。 内容: ・Code for Japanからの企画説明・Google Cloudの概要紹介・Dialogflowハンズオン ・クロージング・オンライン座談会 セミナー講師: グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 近藤 和彦 様 カスタマーエンジニア グローバルパブリックセクター 国内システム インテグレーターやグローバルなパブリック クラウド ベンダーにおいて、コンサルタント、エバンジェリスト、プロダクトマーケティング、クラウド ソリューション アーキテクト等、様々なロールを通じてお客様のアプリケーション構築の技術支援に携わる。2020 年にグーグル・クラウド・ジャパン合同会社に入社、現在はパブリック セクター日本担当のカスタマーエンジニアとして、お客様のデジタルトランスフォーメーションの戦略策定やクラウド ソリューション構築の技術支援を行っている。 当日資料について: 当日に用いた資料をお求めの方は、Google Cloud 合同会社の近藤様までご連絡お願いします。動画の最後にメールアドレスの告知があります(近藤様の連絡先のアットマーク以降はgoogle.comが正しいものです。お間違えのないようよろしくお願いします) https://youtu.be/U3zSU_wK3j4

cloud picture

行政職員向けICT体験型セミナー 「Google Cloud – Dialogflow で自動応答チャットボットを作成してみよう!」申し込みについて

セミナー内容 日時:2020年11月5日(木) 19:00-21:00 (希望者のみ終了後に座談会を開催)   対象: ・サーバーやクライアント、クラウドといった言葉にアレルギーがない人 ・チャットボット やAIサービスの裏側を知ってみたい人 ・クラウドサービスを自分で手を動かして触ってみたい人 背景:市長や議会からAIを使って何かして欲しいと言われて困った経験、ありませんか?それは、AIというものが特別で、行政事務から遠い存在だと感じるからなのかもしれません。しかしながら私たちの生活は既にAIやクラウドサービスに囲まれており、それらを普段の仕事に試験的に取り入れることはそれほど難しいことではありません。そして今は、そこにコロナ禍が加わり、新たな視点で考える必要も出てきそうです。なぜなら、コロナ禍で非対面・非接触型のコミュニケーションが加速度的に普及しそうな雰囲気を感じるためだからです。ただし、その際に、代表例としてのチャットボットをツールとして考えるか、コミュニケーション手段としての可能性や限界を、みなさん自身が手触り感を持って話ができるかは、極めて重要だと思います。本セミナーでは、Google Cloudのハンズオンを通じて、AIを使ったクラウドサービスがどうやって作られているかを理解し、これまでブラックボックスのように感じてしまっていたものが、意外と自分たちでもある程度作れてしまうことを実感していただきます。 セミナー概要:Google Cloud AI サービスの一つである Dialogflow は自然言語解析をベースにしたコミュニケーションのためのプラットフォームです。ユーザーの様々な言い回しを AI が適切に判断し、応答するチャットボットを容易に作成することができ、Web アプリケーション、モバイルアプリケーション、音声応答システムなどとの統合が可能です。セミナーでは Google Cloud の全体像や機械学習・AI サービスの特長、公共機関による採用事例を解説します。ハンズオンでは Google Cloud の中でも Dialogflow にフォーカスし、実際に Dialogflow ベースの簡単なチャットボットを皆様に作成いただきます。 セミナー講師: グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 近藤 和彦 様 カスタマーエンジニア グローバルパブリックセクター  国内システム インテグレーターやグローバルなパブリック クラウド ベンダーにおいて、コンサルタント、エバンジェリスト、プロダクトマーケティング、クラウド ソリューション アーキテクト等、様々なロールを通じてお客様のアプリケーション構築の技術支援に携わる。2020 年にグーグル・クラウド・ジャパン合同会社に入社、現在はパブリック セクター日本担当のカスタマーエンジニアとして、お客様のデジタルトランスフォーメーションの戦略策定やクラウド ソリューション構築の技術支援を行っている。 セミナーのスケジュール(予定) 19:00 – 19:15 Code for Japanからの企画説明19:15 – 19:45 Google …

行政職員向けICT体験型セミナー 「Google Cloud – Dialogflow で自動応答チャットボットを作成してみよう!」申し込みについて Read More »