行政職員向けICT体験型セミナー 「QGIS」申し込みについて

qgis画像

セミナー内容

日時
2020年9月10日(木) 15:30-17:30
 
対象
・GISにそれほど馴染みのない方
・オープンデータの組織内活用を進めたい方
・QGISでの表現の幅を広げたい方
 ※QGISの細かい操作方法を紹介するセミナーではありません。
背景
「スマホで地図を見る」。
この10年で一番染み付いた行動ではないでしょうか。このデジタル化された身近な地図を様々な場面で使うことが多くなりました。
また、ただ地図を見たりそこにいろいろな情報を重ねたりするだけでなくて、地図の検索情報や現在位置情報が集められてビッグデータとして活用することで、地図提供者と個人とのやり取りが、ビジネスになることもあれば、個人にカスタマイズされて便利な情報がすぐ手に入るようになっています。では、行政の事務において、デジタルの地図はどう使われているでしょうか。データのやり取りを活用して、PRだったりデータを取得するために用いようと考える人は多いでしょう。
しかし、普段の業務の中で、地図を使うことがデジタルになった途端、使いにくいだとか、使い方が分からないとなっていませんか。今回のセミナーでは、GISという何となく使っている言葉を手がかりに、「地図による可視化」だけに止まらない「地図とデータの世界」を楽しんで業務に用いるコツをご紹介します。
もし、「地図を使ったらよさそう」というアイデアがあれば、講師が「うんうん、私、これ好物なんですよ」と言わんばかりにツールを使い倒す方法を披露してくれますので、お楽しみに。

 

セミナー講師: 株式会社MIERUNE 古川泰人 様
Code for Sapporo / Code for Japan / 株式会社MIERUNE / ハウモリ 地図情報技術者。大学卒業後、民間会社に勤務しながら、北海道大学CoSTEPで科学技術コミュニケーションを学んだ。その後北海道大学技術スタッフなどを経たのち、MIERUNEを創業。Code for Sapporoでは「さっぽろ保育園マップ」や「ひぐまっぷ」などの開発やディレクションに関わる。また、近年はハウモリというグループでデザインと社会に関する実験的活動に精を出している。
好きな言葉は”金槌を持つ者にはすべてが釘に見える”

セミナータイトル

「地図を見たかい? Have you ever seen QGIS ? 」

セミナーのスケジュール(予定)
15:25 – 15:30    待機時間
15:30 – 15:35    Code for Japanからの企画説明
15:35 – 15:45    地図とは?QGISとは?ツールの概要説明
15:45 – 15:55    行政におけるQGISの役割
15:55 – 16:35     QGISデモ
16:35 – 16:45     質疑応答、ディスカッション
16:45 – 17:30   オンライン&オフレコよろず相談会
※オンライン座談会は実施しませ
注意事項: 本セミナーは、QGIS環境がなくてもご参加いただけます。QGIS環境をお持ちの方は、講師のデモをお手元で試しながら進めていただくことも可能です。後日研修に用いたデータを配布する予定です。

上記の申し込みフォームはこくちーずを利用しています。フォームを開けない場合は、タイトルに「QGIS参加申し込み」として所属、氏名を以下のメールアドレスまでお送りください。

sunagawa◆code4japan.org  (◆を@に変更してください)

参加にあたってはCode for JapanのプライバシーポリシーCode of Conductをご確認ください。